ハニーセレクトスタジオNEOを使用して映画を作成する事が目的のブログ
zキーが効かないらしいので、修正するまでまってください。
自分の環境では動いたので再アップ致します。動かない人がいたらご連絡ください。
dineoassetファイルが古い物をアップしておりました。
差し替えましたので今度は大丈夫だと思います。m(_ _;)m

主な変更点
MoveAnimeのギミックでオブジェクトを基準に回転する設定を追加しました。
ループ設定時にハングアップする不具合の修正を行いました。
口パクで使用するキャッシュデータの保存場所変更しました。(注意事項参照願います)

注意事項
今まで作成したアニメで口パク設定している部分は、ボイス選択パネルを開いて、閉じる操作をしないと口パクしません。

MODダウンロード
https://ux.getuploader.com/hanywood/download/13

回転ギミックの変更内容
uniさんからファッションショー風動画投稿頂きました。
ありがとうございます。

studionneoaddonでIK=0.3にする必要があります。
こんな設定があるとは知りませんでした。勉強になりました。

あと開始シーンのpngが付いておりませんでしたので、Animeフォルダ内の適当なpngを、
2018_0313_1951_45_244.png に名前にを変更してSceneフォルダ直下に保存してください。

背景画像を描画する機能が無いので、ちょっと寂しい感じなってしまいましたが、
描画機能も将来的には付けようかなと思います。

IKスムースの機能について説明したいと思います。
IKスムースが使用できる条件としては、前後のシーンでIKが有効になっている必要があります。
以下の3枚の画像の場合、真ん中の画像のパネルでIKスムースを有効にする事が出来ます。
IKスムースを有効にすると、腕の動きなどが曲線的に動かす事が出来るので、滑らかな動きを表現する事が可能です。
iksmooth.png

IKスムース比較動画


過去のIKスムース関連動画




新しいビットマップ イメージ

マージアニメについての説明を行いたいと思います。
マージアニメの仕組みは、マージAnime内で定義したポーズの中でFKやIKで変化した部分を優先的に動かすという仕組みになります。
例えばピアノを演奏するアニメにおいては、マージアニメで指だけ動くようなアニメを作成し、再生すると下のようなアニメを作成する事が可能です。



次に動作優先部位についての説明です。
新しいビットマップ イメージ

マージアニメでは変化した部分だけをメインアニメより優先的に動かしますが、変化しない部分でもマージアニメ側の状態で動かしたい場合には、この動作優先部位を使用します。
動作優先部位を使用した時としていない時の違いは、下記の記事を参照下さい。
上の動画は肩部分を優先部位指定しているのでメインの歩行アニメによって肩の位置が動いて、腕の位置が変になってしまうのを防いでいます。
http://hanywood.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

注意事項がありまして、マージアニメ側で首をカメラ方向に向けたり、FKやIK拡張で首の傾きを変えたりする場合は、動作優先部位を有効にして、FK首にチェックを入れてください。そうしないと首がカメラに向きません。
作優先部位を有効にすると、チェックが付いていない部位はマージアニメ側で変化させても無視されるので、マージアニメで動かしたい部分を全てチェックする必要があります。
新しいビットマップ イメージ

ちなみに下のサンプルアニメではマージアニメ側で首をIK拡張で傾きを指定したり、カメラ方向に首を向けたりを行っています。

たーさんからビリヤードの作品投稿頂きましたので、
ご紹介させて頂きます。
ファイルはこちらです。
https://ux.getuploader.com/hanywood/download/8

ビリヤードのMODが必須なので、お持ちでない方はpph板からダウンロード下さい。
https://rara.jp/playclub/page11952#12467

静止画だけでは伝わって来ない、個性が表現出来て面白いですね。


DirectorNeoHS Ver0.702リリース致します。
Ver0.701とデータの互換性は保ってますので、今まで作成したデータは使用可能です。

【追記】一点問題が見つかりまして、
バージョンアップ後、口パクしなくなった場合は、ボイスを再度選択し直すと口パクするようになります。

https://ux.getuploader.com/hanywood/download/5



主な変更点
(1)MoveAnimeにギミックボタンを追加して回転出来るようにしました。
(2)Anime編集用のパネルにMemo を追加して、備考を記載出来るようにしました。
(3)マージAnime開始時、終了時の首のカクツキを改善しました。
(4)MoveAnimeの軌跡のちらつきを修正しました。
(5)sceneフォルダに .expan ファイルが出来ると邪魔なので、DiNeoフォルダ内に保存するように変更しました。
操作方法の説明が中々できていなかったので、
こちらの動画のサンプルアニメの説明を行いたいと思います。
データはこちらです。
https://ux.getuploader.com/hanywood/download/4



バージョン0.702 もリリースしましたので、こちらからダウンロードしてください。
https://ux.getuploader.com/hanywood/download/5

それでは、まずはレートコピーの機能についの説明です。
無題2

最初に下のように手の位置だけ変えた2つのシーンを作成します。

無題1

そしたら3分割指定でコピーを行ってみてください。

無題2

そうしますと3つのシーンが自動的に間に挿入されます。
挿入されたシーンに対して、手だけ動かしてシーン保存すると、
上半身が起き上がる1ストロークに対して、手が数ストローク動かせるようなアニメを作成する事が出来ます。

次にループの説明です。
ID:d20b8d-58 のパネルから、先頭のID:d20b8d-53のパネルに対して、ループ指定します。
ループ先はリストから選択します。
ループ回数は、ここではあえて無限ループ的にしたいので1000回ぐらいの大きな数値を設定しています。
ループ先アニメ変化時間は、ID:d20b8d-58 からID:d20b8d-53へ変化させる時に、どれくらいの速さで変化させるかを指定します。

無題2

ループ回数を1000回に設定したので、このままだとループを抜け出せず、いつまで経っても単調なアニメとなってしまいます。そこで出てくるのが、開始フックの割り込み機能です。
ループ設定した次のパネル ID:d20b8d-674 でVoiceAnimeの ID:d20b8d-132に対して開始フックを指定しておきます。
このようにしておくと、VoiceAnimeの ID:d20b8d-132が再生開始された時に、DiffAnimeのループを中断して、ID:d20b8d-674のDiffAnimeが実行されるようになります。
この機能を使うことによってアニメのタイミングの制御が非常に楽になります。
例えば車を運転していてMoveAnimeで車をカーブさせようとした時に、キャラクタの顔の方向を変えるとか、この声が再生し始まった時に、このFaiceAnimeを実行させるとかが簡単にタイミング制御出来ます。

割り込み機能を使用しないでフックを設定した場合の動作については、信号機で考えると理解が簡単です。VoiceAnimeのID:d20b8d-132が実行開始すると信号が青に変わります。その信号で待っていたプロセスがあれば停止状態から動き出します。その信号を通るプロセスがあって、すでに信号が青になっていたのであれば、その時は待たずにそのまま実行されます。
無題2

前半部分の解説は、とりあえずここまで。
みなさんの投稿作品もお待ちしております。


[サンプルアニメの解説]の続きを読む
たーさんから トリプルアクセスの作品投稿して頂きました。
MoveAnimeを沢山使って回転を表現していらっしゃいます。

他の方が作った一番目の投稿作品ですので、テンション上がります。
どうもありがとうございました。

あと、白い軌跡のマーカーの点滅が目に悪いので、何かしら対策したいと思います。

たーさんからの回転のご質問ですが、
実はMoveAnimeに回転系や揺れのギミック機能を実装したいと考えておりました。
それが出来れば、楽に回転系のアニメも作れるようになると思います。

一番時間と労力をかけて開発したアニメ作成機能が、
お試しで使えるようなレベルになりましたので、公開致します。

https://ux.getuploader.com/hanywood/download/2

使用方法はやっつけでダラダタ記載しましたが、
こちらを参照願います。
http://hanywood.blog.fc2.com/blog-entry-50.html
まだ開発途中ですがアニメ作成機能が動くようなレベルになりましたのでリリース致します。
今まで動画でしかお見せ出来ませんでしたが、こんな感じでアニメが作成出来ますよというのが、ご理解頂けるかと思います。

アップローダーも用意しましたので、皆さんの作成した作品をご提供ください。
https://ux.getuploader.com/hanywood/
反響が大きければ、もっと楽しい企画やコイカツへの展開も考えています。

アップロードする際は「投稿メッセージ」ボタンを押して、作者名等記載してください。
アップロードするファイルは、シーンのpngファイルと、「ファイル名_DiNeo」フォルダをZIPに圧縮してお願い致します。

注意事項
①まだ開発中である為、データの構造も日々変わって行きます。
その為作成したアニメデータは次のバージョンアップでは使用出来ませんのでご注意願います

②男キャラのアニメ機能はまだ作成しておりません。
③不具合らしき事象がありましたらブログのコメント欄に記載お願いします。




使用方法
①zキーを押して、パネルを開きます。

②「開始シーンロード」ボタンから、ベースになるシーンをロードします。

③「アニメ編集」ボタンをクリックします。

④アニメの親子関係の定義を行います。
例えば飛行機にキャラを乗せる場合は、飛行機を親にしてキャラを子にします。
飛行機を動かすと、キャラも同じ位置関係で動くようになりますので、座席に座らせれば飛行機に乗っているようなアニメが作成できます。
現在アニメ化出来る対象は、女キャラ、フォルダ、アイテム、ライトとなっています。

⑤「新規追加」ボタンをクリックしてアニメ名を入力してアニメの作成します。

アニメ編集パネルの説明
【Diff Anime】
パラパラアニメの絵を定義するような機能になります。

png画像をクリックすると以下のボタンが表示されます
Load:画像をロードしてポーズの編集を行います
Delete:削除します
コピー追加:この画像をコピーしてパネルを追加します
レートコピー:次のパネルの画像との中間状態の画像を作成する機能になります。これを使用すると以前紹介したようなアニメを作成する事が出来ます。
Up:パネルの位置を上に移動します。
Down:パネルの位置を下に移動します。
コピー:画像をコピーします。
ペースト:画像を貼り付けます。

パネルに表示されているボタンの説明です。

開始フック:アニメの開始タイミングを制御するのに使います。練習最初は使わなくてもOKです。
このボイスが流れ始めた時に、ここからこのアニメを実行させたいといか、MoveAnimeでこの位置に来た時に、このアニメを実行させたいとか、そういったアニメ実行のタミングを制御出来ます。
割り込みのチェックを入れておくと、強制的に実行タミングを変えられます。
例えば、DiffAnimeでループ回数を大きめにして無限にループさせているようなアニメを再生している時に、VoiceAnime側で次のボイスを流したタイミングで、ループ中断して別のアニメに遷移する等という事が行えます。

ループ定義:アニメのループを設定出来ます。歩行している絵で2パターンの絵を作成してループ設定すれば、歩いているように見せる事が出来ます。

IKスムース:IKを有効にしてかつ前後のパネルもIKが有効な時に使用出来る機能です。IKの赤丸、青丸を2次ベシエ曲線的に動かす事によって滑らかな動作可能になります。
この記事で紹介した内容になります。  もう一つの記事

フェイス詳細設定:目、口パターンの変化、目、口の開度の変化時間を設定出来ます。これを使えばゆっくり微笑むとかも表現出来そうです。首の振り向き速度、振り向いた後のカメラの追従速度、視線のカメラの追従速度を設定出来ます。

回転座標Move使用:回転座標をMoveAnimeの物を使うか指定します。MoveAnimeが存在しない場合はDiffAnimeで定義した座標を使用します。MoveAnimeを使用するけど、回転座標はDiffAnimeの画像の中の物を使用したい場合にはチェックを外してください。

アニメカーブ:アニメの変化速度を設定出来ます。最初はゆっくりで最後は早く変化する等が設定出来ます。

開始遅延時間:アニメ実行の開始時間を遅らせる事が出来ます。時間単位はミリ秒です。

アニメ終了待ち時間:アニメ終了して次のパネルに遷移するのを遅らせる事が出来ます。時間単位はミリ秒です。

アニメ変化時間:アニメの変化時間を指定します。時間を長く設定すればゆっくり動きます。時間単位はミリ秒です。

マージアニメ終了時間:マージアニメのみ表示されます。マージアニメを終了する時に自然に動きを収束させる為の時間です。

マージアニメの一番最後のみ時間を設定するのが通常の使い方です。

スキップ:全体パネルの「スキップ」項目にチェックを入れると使えるようになります。
長いアニメを作成する時に、毎回最初からアニメを再生して確認すると時間がかかるので、既に作った所はスキップさせて時間短縮する為に使用します。

ブレーク:スキップと使い方は同じですが、このチェックを付けている所で一時停止します。再開する時は全体パネルの「ブレーク解除」ボタンをクリックしてください。

【Move Anime】
アニメの親オブジェクトの移動を定義します。「追加」ボタンをクリックしますとID名が設定されたフォルダの中に、ぬいぐるみアイテムが格納されたオブジェクトが作成されます。
このフォルダの位置を変える事により、オブジェクトの移動を定義します。
移動する際は、ID名が設定されたフォルダの方を移動させてください。ぬいぐるみを直接移動させても動きません。
パネルに「フォルダ選択」ボタンがあるので、それを使って選択するのが確実です。

速度で計算する:移動アニメを時間ではなく、速度で設定できます。

開始速度:開始速度を指定します。
開始速度を引き継ぐ:前のMoveAnimeで動いていた最終速度を引き継いで開始速度にします。
加速で指定する:加速度を指定して速度を決めます。物の落下を再現したい場合は重力加速度の9.8を入力します。
到達制限速度:この速度に到達したら加速を停止します。制限したくない場合は0を入力してください。
終了速度で指定する:終了速度を指定します。加速度は開始速度を考慮して計算で求めた物を使用しています。

3次曲線、2次曲線:曲線の軌道を使ってオブジェクトを動かす時に使用します。
曲線のカーブ設定は、「制御点1」、「制御点2」をクリックすると調整用のスフィファを動かせます。

【Face Anime】
フェイス選択:あらかじめ定義しておいたフェイスを選択します。ここで選択したフェイスに従ってシーン上のキャラの顔が変化します。

詳細設定上書き:フェイスの設定を上書きで変更したい時に使用します。目、口パターンの変化速度等が変更可能です。

詳細設定:ちら見を設定出来ます。
ちら見間隔:ちら見を行う間隔を指定します。
ちら見ホールド時間:ちら見で別方向を見続けている時間を指定します。
ちら見変化時間:視線を変える時の視線を動かす時間を指定します。
ちら見間隔ランダム係数:ちら見間隔のバラツキを設定する係数。
ちら見ホールドランダム係数:ちら見ホールド時間のバラツキを設定する係数。
視線指定チェックボックス:視線の向きを指定します。

【Voice Anime】
内部:純正のボイスを使用します

外部:外部の音声ファイルを使用します。使用できる拡張子は、wavとoggになります。
音声ファイルの保存場所
scene\ファイル名_DiNeo\Data\Anime\アニメ名\SoundFile

リップシンク:口パクを行うかどうかの設定です。

シンク設定:口パクの感度等の設定を行います。
無音感度:小さな雑音を無音と判断する為の感度です。
シンク感度:口パクの発生頻度が変化します。
リップOpen速度:口パクする際の口を開く時の速度。
リップClose速度:口パクする際の口を閉じる時の速度。
リップ最大開度:口を開く時の開度
リップ最小開度:口を閉じる時の開度
中間リップ有効:口を開く、閉じるの他に、少しだけ開くという状態を作り出します。
リップ中間感度:中間リップの出現頻度を設定します。
リップ中間開度:中間リップの口の開度を設定します。