ハニーセレクトスタジオNEOを使用して映画を作成する事が目的のブログ
使い方が難しいとの声を聞きますので、
マニュルを作成してみました。
使い方が難しく諦めていた方も、もう一度トライしてみてはいかがでしょうか。

基礎編

作成途中ですが中級編もアップします
DirectorNeoHSを使用した作品のコンテストを開催致します。
優勝した人には、kantoku自腹で1500円分のプリペイドカード贈呈します。
但しプリペイドカード贈呈は日本国内の人のみに限ります。
(However, pre-paid card presentation is limited to people in Japan only)

プリペイドカードの種類については、
bitcash
Apple Store
Google Play
ニンテンドー
Amazonギフト券
等、コンビニで1500円で購入出来るカードになります。


【注意事項】
・投稿作品はDicrectorNeoHSで作成された作品である事。
 本日Ver0.815リリースしましたので、そちらをお使いください。
・投稿された作品はコンテスト終了後、kantokuの方で編集、動画投稿させて頂くかもしれません。
・投稿された作品を他の人が流用する事について了承して頂ける方。
・MODを利用される方は、ダウンロード先等も明記しておいた方が、再現率も高くなると思います。
  最初のコンテストなので、純正品のみで仕上げた方が無難かもしれませんが。。。
・クレーム等が発生した場合はkantokuの方で対応しますが、投稿作品は削除させて頂く可能性があります。
・投稿者への連絡事項は、この記事のコメント欄から行いますので、投稿された方は時々チェックしてください。
上記内容を同意して頂ける方のみ参加お願い致します。


【投稿方法】
この記事のコメント欄にて、非公開コメント(管理者にだけ表示を許可する)にした状態で、
下記内容を記載してください。

投稿者名:
コメント:
ZIPパスワード:作品公開時に、このパスワードを公開しますので、適当な物を設定してください。
アップロード先アドレス:
賞金受取り用パスワード:優勝した時に本人確認用で使用します。

作品にはzipにパスワードをかけた状態で、ハニウッドアップローダー、もしくはMEGA等にアップロードしてください。
ZIPの中身はsceneフォルダ直下のpngファイルと、「pngファイル名_DiNeo」フォルダになります。


【コンテスト日程】
投稿締切日:2018/6/24(日) PM13:00
投稿作品開示予定日:2018/6/24(日)夜
コンテスト投票終了日時:2018/6/30(土)AM6:00

【優勝者の選定方法】
投稿作品毎にブログ記事を作成します。その記事に対してのコンテスト終了時点の「拍手」の数で判断します。
同じ拍手数が複数名いる場合は、先に投稿した人の作品を優勝者とします。
ブログ記事の順番は、先に投稿した人が上に来るように配置します。

【優勝者への賞金贈呈方法】
優勝された方はブログのコメント欄に、管理者のみ閲覧可にして、
賞金受取り用パスワード(本人確認の為)と連絡先メールアドレス、希望するプリペイドカード名を投稿してください。
そのメールアドレスに対して、1500円分のプリペイドカードのコードを送らせて頂きます。

DirectorNeoHS Ver0.815リリース致します。

変更点
①カメラ視線時に眼振、チラ見させる機能を追加しました。
②VoiceAnimeの1パネルに複数ボイスを登録して、ランダムで再生されるようにしました。

https://ux.getuploader.com/hanywood/download/44







アンドロイドのスマフォを持っている方であれば、
実はハニセレをVRを無料で楽しめる事が出来ます。
Riftcatというソフトウェアの体験版を使用したセットアップ方法をご紹介します。

DirectorNeoHSもVer0.814からスマフォVRに対応する為に、
シーン再生中に矢印キーでシーン遷移行えるよう対応行いました。

まずは、Steamをインストールします

新しいビットマップ イメージ64
 
Steamのインストールが完了したら
SteamVRのアプリをSteamのストアからインストールしてください。

次に、アンドロイドスマフォにVRidgeをインストールしてください。

RiftcatをPCにインストールします。
体験版を無料でインストール出来ますが、5分間の使用制限があります。
DOWNLOADボタンからインストールしてください。
新しいビットマップ イメージ53 

スマフォはWiFiに繋ぐか、USBでPCに繋いでおいてください。
スマフォのVRidgeも起動しておいてください。
この状態でPCのRiftcatを起動すると、スマフォが自動的に認識されます。
スマフォのYESをクリックするとペアリング完了です。
新しいビットマップ イメージ58 

左上のボタンをクリックすると、SteamVRと接続されます。
新しいビットマップ イメージ59 

SteamVRでルームセットアップが実行されていないメッセージが出た場合は、
ルームセットアップを「立体のみ」でセットアップしてください。
新しいビットマップ イメージ61 

高さは120cmぐらいに設定して床をキャリブレーションします
新しいビットマップ イメージ62 

以上で設定完了です。

ハニセレを起動してMキーを押すとVRモードになるか試してみてください。

VRモードではスマフォ側にもスペックが要求されます。
動作が重い時はVRの画質設定をLowにしてみてください。
新しいビットマップ イメージ63 
動作に問題無いようでしたらVRゴーグルを購入すると、 安価にVRが楽しめると思います。 少し本格的にVRを楽しみたいのあれば、こちらも良いかもしれません。
シーン再生中の操作を矢印キーを使っても操作できるようにしました。
この事によりスマフォVRでの操作が可能になりました。

下記記事にスマフォVRのセットアップ方法を掲載しております。
Riftcatを使用しますが、体験版は5分だけ無料で使用出来ます。

Ver0.814のダウンロードはこちらです

Ver0.812リリース致します。

ポーズカタログの不具合修正しました。
シーン切り替わり時の速度の改善を行いました。
VoiceAnimeで3Dサウンドをスライダーで調節出来るようにしました。


長らくお待たせしました、Ver0.811リリース致します。
リリースしようとする度にバグが見つかりなかなかリリース出来ませんでした。

今回のバージョンでVIVEのVRに対応しました。
VRコントローラーのタッチパッドでシーン遷移が出来るようになってます。
但し、VR MODを入れるとVRコントローラーのキー入力が取得出来なくなるので、VR MODは除外してお使いください。
VR MODを入れつつ、VRコントローラーのキー入力を取得できる方法があれば、教えて頂けるとありがたいですm(_ _ )m 

今回追加した機能等を使って、ストーリー付きのサンプル作品も作成しましたので、お楽しみください。
2次元で作品を作って、VRで楽しむというのが目的でこのMODを作成しましたが、ようやくやりたかった事が実現出来て来ました。

キャラクターにRoyさんの下記MOD使用しております。


【変更点】
(1)アニメでスケールの変化に対応行いました。

(2)キャラの衣服の脱ぎ状態、アクセサリON/OFF、頬赤、涙、汁、肌艶状態の変化を反映するようにしました。

(3)VIVE VRへの対応を行いました。
VRコントローラーからシーン遷移、選択肢実行が行るようになります。
但し、VR MODが導入しているとこの機能は動きませんのでVR MODを取り外してください。

(4)IK拡張のメニューとシナリオカメラメニューから、頭の表示、非表示を設定出来るようにしました。
頭を非表示にして、カメラをキャラに設置してVRモードにすれば、VRコンテンツが色々作れそうです。

(5)シーン間のライティングを時間指定して徐々に変化出来るようにしました。
太陽が動いて影が変化するとか、夕焼けを徐々に変化させていく等の演出が出来ると思います。

(6)シナリオカメラのカメラの動きの不具合を修正&シナリオカメラの設定項目追加。
・パース設定を付け加えました。
・開始フック対応しました。アニメ中のにピンポイントでカメラを切り替えらえれますので、カメラワークが思いの通りに設定出来ます。
・カメラ回転軸に「Y軸」、「Z軸」を追加しました。カメラで対処物を追っている時にカメラの回転方向に違和感がある場合は、どちらか切り替えてお使いください。

(7)MAP UIでオブジェクト毎にカメラ位置を記憶する機能を使いやすくしました。


(8)UIの非表示キーを対応しました。メインメニューの「設定」ボタンからキー割り当て可能です。

(9)セリフの開始フック対応しました。アニメ中でこのシーンになったら何か喋らせるという事が出来るようになりました。

 その他色々バグの修正を行いました。
 コメントに記載して頂いた方の指摘内容は修正したつもりですが、直っていなかったらご連絡ください。

サンプルシーンはこちらです。
YouTubeには載せられないお楽しみシーンが最後にあります。