ハニーセレクトスタジオNEOを使用して映画を作成する事が目的のブログ
マージ機能を使ってアニメを合成した場合に、1番目の動画では歩行アニメと手を振るアニメを合成しているので、
歩行によって肩の位置が変化すると、それに釣られて手の位置も変化し、ちょっとおかしな動画になる問題点がありました。

その欠点を考慮して、作成したアニメは2番目のアニメなのですが、3番目のようなアニメを作成するのはなかなか難しいのです。
3番目のアニメの特徴としては、上半身の動きに対して腕の動きを素早く、なおかつ最初の動画のように手の位置がずれないのが特徴になっています。

このようなアニメを作成する為に追加した機能が、レートコピー機能というものでして、二つpng間の差分の任意の中間地点を作成してくれる機能になります。
この機能を上手く利用すると、中間地点のpng上で手の動きを変化させれば、上半身の動き1ストロークに対して、手を複数回動かす事が出来るようになり、なおかつ、手の位置もピッタリ指定出来るので、思い通りのアニメが作成出来るようになります。


1番目の動画


2番目の動画


3番目の動画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する